Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

 イベント

セミナー「世界開発報告(WDR)2019:仕事の本質の変化」

2019年2月26日

東京

共催:世界銀行グループ、JICA研究所

  • Image

    世界銀行グループでは1978年から毎年1回、経済、社会、環境などタイムリーなテーマを取り上げ、課題分析と政策提言をまとめる「世界開発報告」(WDR: World Development Report)を出版しています。2018年10月12日、世界銀行グループは「仕事の本質の変化」(The Changing Nature of Work)をテーマにWDR2019年版を発表しました。

    WDR2019では、テクノロジーにより労働市場が加速度的に変化する中、人々の健康や教育に対する投資の拡大が急務であると指摘しています。世界全体でロボットの数が急増しつつある中、雇用システム崩壊への恐怖が広がっているものの、実際には、テクノロジーは雇用創出、生産性向上、公共サービス拡充のための道筋をつけており、イノベーションは、むしろ生活水準を大きく向上させ、恐れるべき根拠はありません。デジタル技術は急速な革新と成長に拍車をかけ、昔ながらの生産方式を混乱させ企業の境界を曖昧にしており、デジタル・プラットフォームなどを用いた新たなビジネス・モデルは、地方の新興企業から巨大グローバル企業に至るまで、目まぐるしい速度で進化を続けています。有形資産や従業員をほとんど持たない企業も、もはや珍しくありません。市場と仕事が変容する中、チームワークに長け、コミュニケーション能力、問題解決力を備えた労働者が求められるようになっており、技術の進歩により、マニュアル化の可能な反復作業は排除されるだけではなく、新たな形の雇用と置き換えられようとしています。例えばヨーロッパだけでも、今世紀の内に、これまでになかった仕事が2,300万人分も生まれると推定されています。

    また、世界銀行グループは、人的資本こそが包摂的成長の原動力であるとして、昨年10月、人的資本指標(Human Capital Index: HCI)を発表しましたが、この指標はWDR2019の一部でもあります。

    この度、フェデリカ・サリオラWDR2019執筆担当共同局長の来日の機会を捉え、WDR2019の概要をご紹介するセミナーを開催しました。

    プログラム

    挨拶・モデレーター

    大野泉
    国際協力機構  JICA研究所 研究所長

    講演

    フェデリカ・サリオラ
    世界銀行 世界開発報告(WDR)2019執筆担当共同局長

    当日の資料: WORLD DEVELOPMENT REPORT 2019 - THE CHANGING NATURE OF WORK (PDF)

    討論

    山形辰史
    立命館アジア太平洋大学教授 国際開発学会会長

    当日の資料: Seminar “World Development Report (WDR) 2019: The Changing Nature of Work” (PDF)

    相賀裕嗣
    国際協力機構(JICA)国際協力専門員

    当日の資料: Human Capital Index - Finally, welcome: World Development Report 2019 Launch in Tokyo (PDF)

    講演者紹介

    Image
    フェデリカ・サリオラ
    世界銀行 世界開発報告(WDR)2019執筆担当共同局長
     

    現職以前は、世界銀行開発経済総局(DEC)グローバル指標グループマネージャーとして、農業、アグリビジネス、スキル、情報コミュニケーション技術、公共調達、PPPsなどのテーマ別の政策および規制に焦点を当てたグローバルプログラムの開発を担当。2014年以来、「農業 ビジネスを可能にする」(Enabling the Business of Agriculture)2015年版、2016年版、2017年版、「公共調達ベンチマーキング」(Benchmarking Public Procurement)2015年版、2016年版、2017年版、「インフラストラクチャ―PPPsの調達」(Procuring Infrastructure PPPs)2015年版、2017年版、2018年版といった9件の世界銀行報告書の執筆・発行を主導した。企業の生産性、グローバルバリューチェーン、成長と競争力に対して規制がもたらす影響などに関する論文を査読付き学術誌に発表している。「中東・北アフリカにおける女性の起業家のための環境」(Environment for Women’s Entrepreneurship in the Middle East and North Africa Region)、「黄金成長:ヨーロッパ経済モデルの輝きを取りもどす」(Golden Growth: Restoring the Luster of the European Economic Model)、「仕事の研究:仕事の創出と貧困削減への民間セクターの貢献の評価」(Jobs Study - Assessing Private Sector Contributions to Job Creation and Poverty Reduction)、トルコ投資環境評価:危機から民間セクター主導型開発へ」(Turkey Investment Climate Assessment: from Crisis to Private Sector Led Growth)など多数の世界銀行報告書の執筆陣に加わってきた。ローマ・ラ・サピエンツァ大学で政治学学位(Laurea)および経済学博士号を取得。


    Image

イベント詳細

  • 日時: 2019年2月26日(火)午後5時30分~午後7時
  • 場所: 国際協力機構(JICA)市ヶ谷ビル 国際会議場  東京都新宿区市谷本村町10-5 (アクセス方法は、下記「関連項目」をご覧ください)
  • 言語: 英語・日本語(同時通訳付)
  • お申込み: 定員に達しましたので、お申込みを締め切りました。多数の方にお申込みいただき、誠にありがとうございました。
  • お問合せ: 世界銀行東京事務所・大森 TEL: 03-3597-6650
  • komori@worldbankgroup.org