Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

 イベント

コリン・ブルース アフリカ地域総局戦略業務担当局長来日

2013年2月6-10日

東京

«
»
  • Image
    TICAD共催者と市民社会の円卓会議の様子
    2013年2月12日、東京 - 2月6日から10日、世界銀行アフリカ地域総局のコリン・ブルース戦略業務担当局長とアイリーン・マーシャル上級パートナーシップ専門官が、本年6月に横浜で開催される第5回アフリカ開発会議(TICAD V)共催者会合、また世界銀行と日本政府による対アフリカ支援の政策対話等のために来日しました。TICADは、日本政府が世界銀行、国連、およびアフリカ連合委員会(AUC)と共催するアフリカの開発をテーマとする国際会議です。また、7日午前には、超党派の国会議員で構成される「世界銀行議員連盟」との会合が開催され、世界銀行のアフリカにおける活動や開発課題、日本と世界銀行の連携などに関する意見交換がなされました。ブルース局長はエコノミスト誌の写真を引用し、中国、インド、アメリカ、メキシコ、日本、ヨーロッパがすっぽり入ってしまうほど広大な面積を擁するアフリカ大陸への支援は多様かつ複雑であるが、アフリカの近年の成長は目覚しく、このモメンタムを国際的に支援していく必要があると説明しました。

    さらに2月9日には、TICAD共催者と市民社会の円卓会議が世界銀行東京事務所(開発ラーニングセンタ)で行われ、日本及びアフリカ市民社会の声をTICADに反映するための機会が設けられ、活発な意見交換が行われました。

     

    面積比で見るアフリカの広さ(エコノミスト誌)

    Image

     

    関連リンク

    アフリカでの取り組み

    世界銀行のアフリカでの取り組みや成果についてご紹介します。