Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

 イベント
Image
世界銀行で働く:小西基夫 欧州・中央アジア地域 交通担当マネージャー
2008年2月14日東京

欧州・中央アジア地域の交通プロジェクトを担当する仕事内容を紹介し、ヤングプロフェッショナル・プログラムの概要を説明しました。

世界銀行東京事務所コーヒーアワー キャリアシリーズ第7回

2008年2月14日、東京 - 世界銀行情報センター(PIC東京)は本日、コーヒーアワー「世界銀行で働く」を開催しました。世界銀行、国際金融公社、アジア開発銀行など国際開発金融機関で働く日本人職員が今の仕事やこれまでのキャリア経験談などを話すシリーズの第7回で、日本政府・機関や企業との意見交換のため来日した小西基夫・世界銀行欧州・中央アジア地域 交通担当マネージャーをゲストスピーカーに招きました。

小西マネージャーは、欧州・中央アジア地域29カ国での交通プロジェクトを担当する現在の仕事内容を紹介した後、世界銀行の採用制度であるヤングプロフェッショナル(YP)プログラムの概要を、自らYPとして入行し、YPプログラムの面接審査員などを務めた経験を踏まえながら紹介しました。

Image
活発な質疑応答が行われた

スピーカ

小西基夫
世界銀行 欧州・中央アジア地域 交通担当マネージャー
 

1981年、ヤングプロフェッショナルとして世界銀行入行、東部・南部アフリカ地域の交通分野を担当後、交通サービス・インフラの改善のための制度・政策改革・投資分野の現況分析に携わる。1990年から92年までラテンアメリカ地域局でボリビアを担当。1992年から1995年までタンザニア駐在代表。1995年から1997年まで、カザフスタン首席担当官として国別支援戦略の作成や財務システムの近代化などに携わる。欧州・中央アジア地域首席業務担当官(水担当)、水・衛生担当マネージャーを経て、2004年1月から同地域交通担当マネージャー。クレアモント・マッケナ・カレッジ卒(国際経済学)、タフツ大学フレッチャースクール法律外交学修士(開発経済・国際法・国際ビジネス)。