Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

Mamta Murthi

マムタ・ムルティ

世界銀行人間開発担当副総裁

2020年7月1日より現職。教育保健・栄養・人口社会的保護雇用グローバル・プラクティス、ならびにジェンダー・グループを統括。

世界銀行でこれまでに、以下の通り数多くのリーダーとしての役職を経験。業務政策ダイレクター(2019)、インフラストラクチャー戦略・業務ダイレクター(2018)、アフリカ地域総局の戦略・業務ダイレクター(2015~18)、EU圏担当カントリー・ダイレクター(2012~15、ブリュッセル駐在)。

エコノミストとしての教育を受け、社会的保護・労働(1996~2004)と教育(2006~10)の分野に専門職として従事。「世界開発報告2006:開発と次世代」の副責任者を務めた。1998~2000年、ケンブリッジ大学キングス・カレッジにてマッカーサー・フェローとして貧困・格差を研究。

世界銀行には1995年にヤング・プロフェッショナルとして入行。デリー大学セント・スティーブンズ・カレッジにて経済学の学士号、オックスフォード大学にて経済学の博士号を取得。貧困、人口統計、教育、年金、スキルに関する著作多数。インドの出生率に関する計量経済研究で知られる。



ソーシャルメディア


専門分野
  • 社会開発
  • 社会的保護と労働
  • 教育