特集

ミノカサゴ:新たなカリブの海賊

2017年1月4日


World Bank Group

1980年代に初めて大西洋で目撃されたミノカサゴ。この人目を引く姿を持つ侵略者が、カリブ海の海洋生態系と、生計を生態系に頼っている人々を脅かしています。

ミノカサゴ(英名:ライオンフィッシュ)は、目を引く魚です。鮮やかで毒を持つヒレが、ライオンのたてがみのように頭から放射状に広がっています。旺盛な食欲と驚くほどの繁殖力を持つミノカサゴは無敵の捕食者で、まさに水中のジャングルの王者です。ただし、カリブ海やメキシコ湾、西大西洋に生息する数百万の生き物にとっては、このミノカサゴが原因で海が危険なジャングルとなっています。

この30年間、ミノカサゴは天敵のいないこの海域に定着し、在来種の魚の個体数に破壊的な影響を及ぼしています。多くの専門家もミノカサゴの撲滅は不可能であると認めています。しかしながら、地元のコミュニティは革新的な方法でミノカサゴに対抗している、と芦田恵子世界銀行ラテンアメリカ・カリブ海地域局環境専門官は述べています。

質問:ミノカサゴは海洋生態系にどのような影響を与えていますか?

芦田恵子:1980年代中頃にフロリダ州沿岸で初めて目撃されてから、ミノカサゴの個体群は現在、東海岸に沿って8,000キロメートル以上、北はアメリカのロードアイランド州から南はブラジルのサンパウロまで広がっています。次に挙げる2つの主な理由から、その影響は破壊的と言えます。

  1. ミノカサゴは無差別な捕食者で、60種類を超える在来種、特に稚魚が餌食となっています。ミノカサゴは集団で獲物を狙い、被食者がすべて無くなるまで捕食を続け、5週間で在来種の個体数を平均で79%減少させるという報告があります。こうした猛烈な捕食行動が在来種に計り知れない影響を及ぼしています。
  2. ミノカサゴは生存能力が高い生物です。年間を通じて毎月複数回産卵し、驚くべき速度で繁殖するだけでなく、最大300メートルの深さや、塩分が少ない水中、さらには何も食べずに最大3カ月間生き続けることができます。この適応性に、海面温度の上昇と地球温暖化が組み合わさり、ミノカサゴにとってより好ましい生息環境が創り出され、さらに広範囲にミノカサゴが繁殖する可能性があります。

質問:この侵略のより広範な影響は?

芦田:もちろん、ミノカサゴの侵略による影響は、現在被食者となっている在来種に限りません。それ以上に、影響を受けている地域の海洋生態系全体の存続とその自然資源に依存する地域経済への影響が問題となっています。

例としてベリーズを取り上げてみましょう。ベリーズでは、メソアメリカ・バリア・リーフ(グレート・バリア・リーフに次いで世界第2位の大きさのサンゴ礁)が、地域経済にとって必須の天然資源と環境サービスを提供しています。実際、メソアメリカ・バリア・リーフとその周囲のマングローブが提供する経済活動(漁業、観光、海岸線保護)がベリーズの年間GDPの15~22%を占めると推定されています。ドルに換算すると、年間約3億9,500万~5億5,900万ドルに相当します。

しかし、このサンゴ礁は状態が悪化しており、主に気候変動の影響(白化、酸性化の進行、海面温度の上昇など)と農業排水、堆積作用、魚類の乱獲などの人為的な要因により、その約3分の2が不良、または危機的な状況にあると報告されています。サンゴ礁を回復させるためには、サンゴ礁内および周囲の海洋生物の豊かさが鍵となります。事実、カリブ海のサンゴの研究により、草食性の魚類(ブダイ、クロハギなど)が豊富に生息していると、サンゴ礁は藻類をバランス良く保ち、健康な状態を維持することができ、その結果、草食性魚類が激減している場所よりも、ハリケーンや白化のダメージから回復する可能性が高いことがわかっています。したがって、生態系のアンバランスに対処し、サンゴの健康を取り戻して多数の海洋生物に栄養を与え、住処を提供できるようにするためには、侵略的なミノカサゴの個体数を制御することが重要です。


" いったんミノカサゴの数が限界値以下になれば、在来種の魚の個体数が回復し始めることを示す証拠が増えています。 "

芦田 恵子

世界銀行ラテンアメリカ・カリブ海地域局環境専門官

質問:ミノカサゴを撲滅することは可能ですか?

芦田:端的に言えば不可能です。大西洋のミノカサゴの密度は、原産地である西インド・太平洋と比べて最大10倍となっています。このため唯一の解決策は、ミノカサゴの個体数を在来種が生存可能な限界値以下に抑えておくことである、という考えが広く受け入れられています。

質問:それはどうしたら実現できますか?

芦田:一度ミノカサゴの数が限界値以下になれば、在来種の魚の個体数が回復し始めることを示す証拠が増えています。この侵略種に対する防御策の最前線にいるのは漁師とスキューバダイバーです。ダイバーは「ミノカサゴ捕獲競争」を開催したりして、できる限り多くのミノカサゴを捕獲し取り除いています。捕獲技術を学ぶための特別なPADI(潜水指導員協会)コースも提供されています。ただし、ミノカサゴを限界値以下に維持するための長期的な手法を見つけ、捕獲を続けるために漁師たちにインセンティブを提供することが課題となっています。

質問:具体的にどのような活動をしているのですか?

芦田:ベリーズを例に挙げると、私たちは現地の市場における主要なバリューチェーンを2つ見出しました。1つ目は、ミノカサゴの消費の促進です。これにより、漁師、水産業者、さらにレストランやシェフにも収入源を提供できます。「ミノカサゴを食べて退治しよう」というわけです。

2つ目のバリューチェーンはもう少し複雑ですが、既にベリーズ、バハマ、グレナダおよびセントビンセント・グレナディーンにおいて、ミノカサゴの捕獲高を45%増加させています。それはミノカサゴをアクセサリーとして加工する方法です。

ミノカサゴのヒレとトゲは食用としては捨てられる部分ですので、アクセサリーを制作するコストを最小限に抑えられます。染色して形を整え、イヤリングやネックレス、キーホルダーに加工された完成品は、既にベリーズや海外で販売されています。

質問:この活動はベリーズにどのような影響を与えていますか?

芦田:ベリーズ・ライオンフィッシュ・ジュエリー・グループは現在、7カ所の漁村の女性19名で構成されており、その世帯全体の合計78名に追加収入をもたらしています。ミノカサゴアクセサリーにはこれ以外にも利点があります。生計を立てるための新しい機会を創出し、ミノカサゴの脅威に対する意識を向上させ、事業の持続に向けたトレーニングやマーケティングの支援を通じて、女性達のエンパワーメントを実現します。同グループは世界銀行を通じて日本社会開発基金(JSDF)の支援により事業を拡大しており、さらに多くの女性がこの活動を通じて学び、恩恵を受けられるようにしていく予定です。このJSDFプロジェクトは、天然資源を活用した実行可能かつ持続可能な生計を促進するために、このようなコミュニティベースの活動を他にも16件支援しています。その活動の一つ一つに、彼らの暮らしと環境へのアプローチが深くつながった素晴らしいストーリーがあります。

Api
Api