特集

気候変動・防災に関するデータ

2014年3月27日


気候変動は途上国に最も深刻な悪影響を与えるとされています。気温の上昇、降雨パターンの変化、海面上昇、水害の頻度の増大は、農業生産や食糧及び水の供給にリスクをもたらします。

貧困、飢餓対策などのこれまでの努力が脅かされ、途上国で暮らす10億人以上の人々の生活がより危機にさらされています。世界銀行のオープンデータサイト(気候変動)では、気候システム、気候変動による影響、耐性、温室効果ガスの排出動向、エネルギーの利用などに関するデータを掲載しています。

掲載指標例

その他の指標は、オープンデータサイト(気候変動)から検索いただけます。

強靭性イニシアティブのためのオープンデータ

Open Data for Resilience Initiative: OpenDRI 

災害に柔軟に対応するためのデータ共有イニシアティブにより、OpenDRIでは、気候変動リスク及び災害リスク管理に関する総合的なデータや助言を収集しています。

強靭性イニシアティブのためのオープンデータ(OpenDRI)フィールド・ガイド (PDF)

気候変動データ関連集

環境、防災、社会経済、気候変動適応に関する情報、データ、レポートなどを収集したプラットフォームです。Googleマップを利用した地図上でのデータ表示や、グラフを使用した比較、気候変動に関連する脆弱性やリスク分析などを行うことができます。

気候変動データ関連集 
気候変動データ関連集利用方法 (PDF)

動画で見る気候変動

世界銀行が2013年に発表した報告書は、今後数十年間で起こる気温上昇が、食糧­不足や貧困のさらなる蔓延につながると警告しています。しかし、温暖化を止めるために­、今できることがあります。


World Bank Group