イベント

世界銀行モーニングセミナー(第18回)「南アジア経済報告(SAEF):予算の逼迫」

2018年10月23日

東京

  • 世界銀行の各地域総局では半年に1度(春と秋)、地域内の経済概況と展望をまとめた半期経済報告を発表しており、南アジア地域総局については10月7日に最新版「南アジア経済報告:予算の逼迫」(South Asia Economic Focus: Budget Crunch)を発表しました。同報告書では、南アジア地域の経済成長は2018年は6.9%、2019年は7.1%に達する見込みで、世界で最も経済成長の進む地域となるものの、経済成長のパフォーマンスは国によってばらつきがあり、財政赤字が課題であることを指摘しています。

    今回のモーニングセミナー(第18回)では、同報告書の著者の一人であるロバート・ベイヤー世界銀行南アジア地域総局チーフエコノミスト室エコノミストが、ワシントンよりテレビ会議で同報告書の主なポイントをご紹介し、皆様からのご質問にお答えしました。

    スピーカー

    Image
    ロバート・ベイヤー
    世界銀行 南アジア地域総局チーフエコノミスト室 エコノミスト

    2016年、ヤングプロフェッショナルとして世界銀行入行。それ以前は、欧州復興開発銀行(EBRD)および国際通貨基金(IMF)の調査研究業務に従事しつつ、フランクフルト・ゲーテ大学にて博士号取得。

    当日の資料: Budget Crunch - South Asia Economic Focus Fall 2018 (PDF)

     

    関連

    世界銀行モーニングセミナーシリーズ
    過去に開催された同セミナーシリーズの資料をダウンロードいただけます

     

イベント詳細

  • 日時: 2018年10月23日(火)午前7時45分~午前8時45分
  • 場所: 世界銀行東京事務所 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル10階 (アクセス方法は、下記「関連項目」をご覧ください)
  • 言語: 英語(日本語への通訳なし)
  • お問合せ: 世界銀行東京事務所・大森 TEL: 03-3597-6650
  • komori@worldbankgroup.org