publication
貧しい人々の声:私たちの声が聞こえますか?


60カ国・6万人の貧困に苦しむ人々の声をまとめた報告書「貧しい人々の声」(全3巻)は、貧困に苦しむ人々は自分達の生活をどのように見ているのかを紹介し、生活の向上のためには何が必要なのかを検討しています。2001年、「貧しい人々の声」を研究する学生グループのボランティアにより、第1巻「私たちの声が聞こえますか?」が翻訳されました。

貧しい人々の声(日本語版)

 

表紙裏表紙(PDF:240KB)

 

総裁の言葉(PDF:105KB)

 

目次(PDF:819KB)

 

日本語版への序文(PDF:744KB)

 

序文および謝辞(PDF:749KB)

 

第1章 貧しい人々に耳を傾けて(PDF:1.0MB)

 

第2章 貧困の定義(PDF:1.1MB)

 

第3章 国家機関(PDF:1.1MB)

 

第4章 市民社会制度(PDF:1.1MB)

 

第5章 家庭におけるジェンダー関係の変化(PDF:1.1MB)

 

第6章 社会崩壊(PDF:1.0MB)

 

第7章 結び:進むべき道(PDF:946KB)

 

付録(PDF:734KB)

 

翻訳グループの紹介(PDF:93KB)

 

Voices of the Poor: Can Anyone Hear Us? (英語版)

本書の日本語版冊子(2002年4月26日発行)は、在庫僅少のため、上記よりダウンロードしてお使いいただきますようお願いいたします。