BRIEF

最近のプレスリリース

2019年2月7日

2019年2月12日 プレスリリース

モザンビークとコンゴ民主共和国、世界銀行と二酸化炭素排出量削減と森林保護に向けた画期的な協定を締結 (英語)
モザンビークおよびコンゴ民主共和国と世界銀行は、森林伐採と劣化を防ぐ取組みによる二酸化炭素排出量削減に対し資金を提供する画期的な協定を締結しました。このプログラムは、2024年までに二酸化炭素排出量を1,000万トン削減することを目標に、成果連動型融資を提供します。

2019年2月12日 特集

紛争後の国々で有効な公共サービスを築くために (英語)
世界銀行は、アフガニスタン、リベリア、シエラレオネ、南スーダン、東ティモールの5カ国における紛争後の公共サービス改革の軌道を比較した報告書を発表しました。同報告書は、紛争後の国々で公共サービス構築を行う上での、開発パートナーの今後の取組みについて政策を提言しています。

2019年2月7日 プレスリリース

コンゴ共和国:リクアラ地域の難民と受入コミニティの社会保護サービスへのアクセスを拡大 (英語)
世界銀行理事会は、リスンギ・セーフティネットシステムプロジェクトへの国際開発協会(IDA)の916万ドルの追加融資(難民サブウィンドウから)と、1,284万ドルの第2次追加クレジットを承認しました。このプロジェクトにより、社会保護を目的とした世帯登録をリクアラ地方に拡大し、難民や受入コミュニティの貧困・脆弱世帯への直接的な条件付き現金給付および所得創出活動に向けた資金提供が見込まれます。

2019年2月7日 プレスリリース

パプアニューギニア:経済報告書発表 (英語)
世界銀行が発表したパプアニューギニアの経済報告書によると、同国の包摂的で幅広い成長を促進するには、より良い教育と保健サービスを通じて人的資本の質を高め、民間セクターの発展を促進するビジネス環境を強化することが重要だと指摘しています。

2019年2月6日 プレスリリース

アフガニスタン:経済的機会と雇用機会を強化 (英語)
世界銀行とアフガニスタン財務省は、避難民の流入が多い都市での経済的機会と雇用機会を強化するため国際開発協会(IDA)からの2億ドルを含む総額3億2,500万ドルの新しい支援パッケージに署名しました。この支援により、同国への帰国者や国内避難民への雇用機会とより良いサービスへの提供が期待されます。

2019年2月5日 特集

ウガンダ:性的暴力の被害者に安全な空間と生活スキルを提供 (英語)
世界銀行が資金を提供するプロジェクトは、ウガンダのカムウェンゲとカバロレ地区の女子クラブを通じて性的暴力の被害者を支援しています。女子クラブには非常に貧しい家庭出身の不登校の女子や10代の母親が参加しており、生活技能やビジネス研修の他、ヘルスケアと法的支援へのアクセスが提供されます。

2019年2月4日 プレスリリース

パキスタン:水の安全性と生産性改善のための改革を提案 (英語)
国際水管理研究所や国際食料政策研究所を含む、水の専門家の貢献により世界銀行が作成した新報告書では、パキスタンは水に恵まれているにも関わらず、一人当たりの水利用可能量は低いとしています。同報告書では、水の利用効率とサービス提供の改善により、経済的、社会的、環境的な利益が得られると提案しています。

2019年1月30日 プレスリリース

ネパール:再生可能エネルギー源の多様化を支援 (英語)
世界銀行は、ネパールの再生可能エネルギーへのエネルギー源多様化を支援するために、561万ドルのグラントと、200万ドルのローンを承認しました。 このプロジェクトは、官民パートナーシップ(PPP)を通じた民間セクターの効率性向上を含め、再生可能エネルギーソリューションの推進による同国のエネルギー供給状況の改善を目的としています。

2019年1月30日 特集

ウガンダ:自治体でのインフラ近代化支援 (英語)
国際開発協会(IDA)から1億5,000万ドルの融資を受けたウガンダ自治体インフラ開発支援プログラム(USMID)では、道路、廃棄物管理、都市周辺への上下水道の延長や、市場、食肉処理場、バス、タクシー、大型トラック専用駐車場のような地方の経済インフラなどを含むインフラ拡張とサービス提供を14の自治体で行っています。

2019年1月28日 特集

ルワンダ:元戦闘員の新たな出発 (英語)
ルワンダでの内戦および1994年の大虐殺による影響に対応するため、ルワンダ政府は1997年にルワンダ動員解除・除隊兵士社会復帰委員会(RDRC)を設立し、7万人以上の元戦闘員の動員解除と社会復帰の支援を提供してきました。世界銀行は、国際開発協会(IDA)を通じた緊急動員解除・除隊兵士社会復帰プログラム(2002-2008)と第二次緊急動員解除・除隊兵士社会復帰プロジェクト(SEDRP 2009-2017)により、同国の取組みを支援しました。

2019年1月25日 プレスリリース

ベナン:女性への投資と思春期の女子の人的資本強化に向けたエンパワーメントを支援 (英語)
世界銀行理事会は、国際開発協会(IDA)を通じ、ベナン政府の人間開発の成果向上と長期的な人口ボーナスの配当への取組みを支援するための、9,000万ドルの融資を承認しました。この支援により、女子の中等教育と生活スキルへのアクセスが改善され、若い女性と将来の子供たちの人間開発の成果向上と、労働市場における経済的機会の増加が見込まれます。

2019年1月24日 プレスリリース

ベトナム:民間資本が将来のエネルギー開発のカギ (英語)
世界銀行グループの報告書では、ベトナムのマクロ経済やエネルギーセクターの状況を変えるには、電力とガスへの投資に資金投入するための新しいアプローチが必要であるとし、民間部門からの新たな資金源の開拓方法についての行動計画を提示しています。

2019年1月23日 特集

ガボン:若者の起業家精神を加速 (英語)
ガボン共和国では、原油価格の下落に関わる危機以降失業率が上昇し、若者が雇用市場減速の犠牲者となっています。世界銀行は、資金提供している投資促進・競争力プロジェクト(PPIC)を通じ、ビジネス環境の改善、投資の促進、民間セクターの開発を目指し、企業登録手続きの合理化や中小企業運用の簡易化を図ります。

2019年1月23日 プレスリリース

スリランカと世界銀行、医療サービスの改善に協力 (英語)
スリランカと世界銀行は、スリランカのプライマリ・ヘルスケアサービスの利用と質を高めるために2億ドルの融資契約を締結しました。このプロジェクトは、同国の最も脆弱な人々を対象とし、プライマリ・ヘルスケアサービスの質の改善、非感染性疾患の検出および管理や、高齢化人口の増加による保健ニーズへの対応を目的としています。

2019年1月23日 プレスリリース

ブータン:若者の雇用創出と農村ビジネスの促進 (英語)
世界銀行とブータン王国政府は、ブータンの若者の雇用創出と同国における経済的多様化の幅広い促進を支援するプロジェクトに署名しました。日本社会開発基金(JSDF)が125万ドルの資金を提供するこの新しいプロジェクトにより、農村の企業開発とバリューチェーン構築が後押しされ、雇用機会が生まれ、農村地域の収入向上が見込まれます。

2019年1月22日 プレスリリース

南アフリカ:高等教育改革に期待される機会の平等と成長促進 (英語)
世界銀行の南アフリカ経済報告では、同国の経済は2019年に1.3%、2020年には1.7%に加速すると予測しています。同国が持続可能な成長を遂げるには、機会の不平等と政策の不確実性への対処が必要だとし、高等教育セクターでの入学率および卒業率を上げ、労働市場の需要を満たすスキルを向上させることが重要だと述べています。

2019年1月16日 プレスリリース

インド:シムラー市の水不足を解消 (英語)
世界銀行理事会は16日、シムラー市地域の水供給と衛生サービスの改善を目的とした4,000万ドルの融資を承認しました。世界銀行はヒマーチャル・プラデーシュ州政府を通じ、過去数年にわたり深刻な水不足と水系感染症の流行を経験してきた同地域の市民に、衛生で信頼できる飲料水を提供できるよう支援します。

2019年1月16日 特集

アフリカの科学者によるアフリカへの取組み (英語)
世界銀行アフリカン・センター・オブ・エクセレンス・プロジェクトは、化学工学、農学、科学、技術などの需要が高い分野で学位を持っている若者を訓練し、アフリカ経済を後押しし、雇用を創出し、基幹的な研究を支援しています。同センターは、2014 年に国際開発協会(IDA)から1億6,500万ドルの融資を受け、ベナン 、ブルキナファソ、カメルーン、コートジボワール、ガンビア、ガーナ、ナイジェリア、セネガル 、トーゴがアフリカの開発の加速に必要なスキルを向上させるために設立されました。

2019年1月15日 プレスリリース

リベリア:民間セクター投資による生産性向上と商業化促進のための新しい農業プロジェクト (英語)
世界銀行理事会は、リベリアの農業変革とアグリビジネスの活性化を目的としたプロジェクトに2,500万ドルの国際開発協会(IDA)融資を承認しました。このプロジェクトの1万7,500人の小規模農家(うち30%が女性農民)直接受益者には、生産性の向上と生産品販売のための市場へのアクセス改善による収入の増加が見込まれます。

2019年1月15日 プレスリリース

世界銀行グループ、気候変動への適応と強靭化に5年間で500億ドルの支援を発表
世界銀行グループは、気候変動への適応策のための直接的資金支援を2021~25年度の期間に500億ドルまで増やすことを掲げた「気候変動への適応と強靭化に関する行動計画」を発表しました。同計画は、昨年12月にポーランドで開催された国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)の場で世界銀行グループが発表した「気候変動対策強化のための2025目標」の一部です。 

2019年1月10日 特集

ギニア:若者のイノベーションと起業家精神を促進 (英語)
ギニアでは学位を持っている若者の60%以上が失業していると推定されています。世界銀行からの2,000万ドルの資金を受けたステッピング・アップ・スキルズ・プロジェクトは、起業の夢を持つビジネスプランコンテストの受賞者に農業、保健、エネルギーなどの分野でのスキルを育成・獲得するプログラムを通して、ギニアの若者の雇用可能性と雇用の成果を促進させることを目指しています。これまでに1万8,000人の職業訓練生および2,800人を超える高学歴の失業者を含む2万人以上が、このプロジェクトの恩恵を受けています。

2019年1月10日 特集

ジンバブエ:妊婦のための無料保健サービス利用改善プログラム (英語)
ジンバブエの農村部では25ドルの登録料を払う余裕がないという理由で、多くの妊娠中の女性が定期的に診察を受けることができませんでした。世界銀行マルチドナーのグローバル・ファイナンシング・ファシリティ(GFF)が資金援助するアーバン・バウチャー・プログラム(UVP)は、世帯の下層部40%の母親を対象としており、無料の保健サービスの利用と介助出産を促進しています。

2019年1月1日 特集

アフガニスタン:家庭菜園で収入を育む女性たち (英語)
国立園芸・畜産プロジェクト(NHLP)が取組みを支援するパンジシール州の家庭菜園プログラムは、収入のないアフガニスタンの女性たちの自立を支援し、その家族をサポートしています。アフガニスタンの園芸製品の生産と生産性向上を目的とした同プロジェクトは、世界銀行が管理するアフガニスタン復興信託基金(ARTF)を通じた1億9,000万ドルの資金により支えられています。

2019年1月9日 プレスリリース

バングラデシュ:包括的で質の高い雇用の支援 (英語)
バングラデシュ政府は、包括的で質の高い雇用創出に向けた重要な課題に取り組むための改革を支援するために、国際開発協会(IDA)を通じ2億5,000万ドルの開発政策を締結しました。これにより、政府による貿易の近代化、投資の促進、労働者の社会的保護システムの強化や、脆弱な人々の雇用促進が見込まれます。

2019年1月8日 プレスリリース

報告書:世界経済見通し(GEP)2019年1月版
世界銀行は、今後の展望の下振れリスクが高まる中、世界経済の成長は2018年の下方修正予測である3%から、2019年は2.9%へと緩やかに減速するだろうとの見通しを発表しました。インフォーマル・セクターが雇用の約70%、GDPの30%を占める新興国・途上国では、フォーマル・インフォーマル双方のセクター統合に向けた、税・規制面の負担軽減、金融アクセス改善、教育と公共サービスの改善、公的収入枠組みの整備が課題だと分析しています。

2019年1月7日 プレスリリース

世界銀行グループ、キム総裁の2月1日付退任を発表
ジム・ヨン・キム世界銀行グループ総裁の6年以上にわたる在任中、出資国は、世界銀行グループがグローバルな開発課題に取組む上で強力なリーダーシップを維持できるよう複数のイニシアティブに多大な支援を行いました。また、2012年に掲げられた「2030年までの極度の貧困撲滅」と「繁栄の共有の促進」の2大目標は現在、同グループの指針として世界各地での日々の業務を支えています。

2018年12月19日 特集

ルワンダ:革新的な調理用コンロで環境保全 (英語)
薪や木炭による調理は健康や環境に深刻な影響を与えています。ルワンダの企業が世界銀行の「開発のための炭素イニシアティブ(CiDev)」の支援を受け、クリーンで環境にやさしい超低燃費のガスコンロを無料でリースし、ルワンダで製造された持続可能なバイオマス燃料ペレットを組み合わせることにより、この課題を逆手にとりました。この企業の顧客ベースはCi-Devとの契約が締結以降、提供世帯数が2倍以上に増え、2019年末までに2万5,000世帯にペレットが届く予定です。

2018年12月20日 ブログ

最貧国における気候変動対策 
世界銀行グループは、気候変動対策に対して、より踏み込んだ対策を早急に講じる必要があるとの認識から、ポーランドのカトヴィツェで開かれた国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)の場で、途上国の温暖化対策に関する野心的な新目標を発表しました。アクセル・ヴァン・トロッツェンバーグ専務理事兼世銀グループ最高財務責任者 (CFO)代理のブログでご覧ください。

2018年12月20日 特集

インドネシア:子供の発育阻害削減への融資を有効活用 (英語)
インドネシアでは、子供の発育阻害予防を促進する新国家戦略で、妊婦または2歳未満の子供のいる全家庭がこどもの発育阻害予防に必要なサービス全てにアクセスできることを保証しています。政府の指導のもと、このプログラムは「全政府アプローチ」を用いています。

2018年12月18日 プレスリリース

リベリア:経済成長と経済改革向上に向けた新規南東道路プロジェクト (英語)
世界銀行理事会は、リベリア南東回廊道路アセットマネージメントプロジェクト(SECRAMP)に対する2,900万ドルのIDA融資を承認しました。このプロジェクトは、ガンタ-ズウェドル間回廊道路沿いに住む住民に対する交通網整備向上、そして道路セクターを管理する制度面での能力強化に向けた政府の取り組みを支援します。

2018年12月17日 プレスリリース

レジリエンス住宅デザイン・チャレンジ受賞者発表 (英語)
世界銀行、ビルド・アカデミー、Airbnb、世界銀行防災グローバルファシリティ(GFDRR)、国連ハビタットの「レジリエンス住宅 デザイン・チャレンジ」の受賞者が発表されました。300を超えるチームからの応募があり、災害を受けやすい地域の人々が10,000ドル以内で建設できる災害対応型住宅 のデザインを競い、合計9組の受賞者が選ばれました。

2018年12月14日 特集

東南アジア諸国連合(ASEAN):アジア初の地域災害リスク保険ファシリティ (英語)
カンボジア、インドネシア、日本、ラオス、ミャンマー、シンガポールは東南アジア災害リスク保険ファシリティ(SEADRIF)設立に関する覚書に署名しました。SEADRIFは、地域大災害リスク保険プールを含めた、自然災害リスク保険と保険ソリューションを提供するアジア初の地域ファシリティです。参加国の要請により、世界銀行は災害リスク保険と保険プログラムを通じて、主要な技術支援パートナーとして引き続き支援を続ける予定です。

2018年12月7日 ストーリー

2030年までにユニバーサル・ヘルス・カバレッジを実現するための5つの方法 
世界銀行は、12月12日のUHCデーにあわせ、UHCの進捗を加速させる5つの方法を紹介しました。世界の人口の半数が依然として必要な医療サービスを利用することができず、毎年1億人が医療費が原因で極度の貧困状態に陥っています。2030年までにUHCを確実に実現するためには世界レベルで進捗を加速させる必要があります。"

2018年12月3日 プレスリリース

世界銀行グループ、気候変動対策に5年間で2,000億ドルの投資を発表 (英語)
世界銀行グループは、2021年〜25年の気候変動対策の新たな目標として、投資資金を2,000億ドルに倍増することを表明しました。気候変動に関するプロジェクトのスクリーニング、適切なリスク緩和措置の構築、温室効果ガスの排出量の開示などの分野に、引き続き取り組んでいきます。

2018年12月5日 インタビュー

ディアリエトゥ・ガイ 世界銀行 アフリカ地域局 戦略業務局長 インタビュー (PDF)
世界銀行アフリカ地域局戦略業務局長として、アフリカ地域全体の戦略や事業を統括するディアリエトゥ・ガイ が、来年横浜で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に向けた世界銀行のビジョンについて語っています。
出典:『国際開発ジャーナル』2018年12月号

2018年12月3日 プレスリリース

東海東京証券グループがサステナブル・ディベロップメント・ボンドを販売  (PDF)
世界銀行はこの度、国内の個人投資家を対象にサステナブル・ディベロップメント・ボンドを発行いたします。今回発行されるサステナブル・ディベロップメント・ボンドは、期間4年のニュージーランド・ドル建て債券(発行額:490万ニュージーランドドル)で、浜銀TT証券及びとちぎんTT証券が本日より販売いたします。

2018年11月29日 ブログ

世界銀行のグリーンボンド:誕生から革命へ 
10年前に世界銀行が発行した史上初のグリーンボンドは、今日の市場規模が500億米ドルを超えるテーマ型債券市場の枠組みを作りました。グリーンボンドがどのように投資家と発行体の行動を変えたのか、そしてこのビジネスモデルがどのように持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献することができるのか、ハイケ・ライハルト 財務局 IRグループヘッドのブログでご覧ください。

2018年11月27日 年次報告書

日本語版年次報告書発表
世界銀行の2018年度日本語版年次報告書をウェブサイトで公開しました。極度の貧困撲滅と繁栄の共有促進という二大目標を2030年までに達成するための、重点テーマ、各地域・分野別の活動成果を紹介しています。

2018年11月20日 プレスリリース

ウガンダ:包括的な経済成長に不可欠な農産食品システムの開発 (英語)
世界銀行が発表したウガンダ経済アップデートの最新版では、ウガンダの経済は、2017-18年度には6.1%と前年の3.9%から大幅に回復し、更なる成長が見込まれると指摘しています。また同報告書は、ウガンダの農産食品システムの高付加価値化と雇用創出を促進するため、政策の実施と規制の強化、制度の調整の改善、民間セクターの参加の促進を提言しています。

2018年11月20日 プレスリリース

報告書:アフリカにおける児童婚により甚大な損失 (英語)
ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド財団(The Children’s Investment Fund Foundation)と教育のためのグローバル・パートナーシップ(GPE)の支援を得て出版された世界銀行の報告書によると、サブサハラ・アフリカ地域では毎年300万人もの18歳未満の女子が結婚しています。同報告書では、児童婚はアフリカ諸国に数百億ドルと人的資本の損失をもたらすとし、女子教育が児童婚を避ける最善の方法のひとつであるとしています。

Remove

すべてのニュースを見る(英語)>>

すべてのニュースを見る(日本語)>>