BRIEF

多数国間投資保証機関(MIGA)

2014年8月21日

Image
© World Bank Group


Image

多数国間投資保証機関(MIGA)について

多数国間投資保証機関(MIGA: Multilateral Investment Guarantee Agency)は、途上国への対外直接投資(FDI)を促進するために政治的リスクや非商業的リスクから生じた損失に対する投資保証を提供しています。

MIGAの保証を受けたプロジェクトは、雇用創出をはじめ、給水、電気供給などの基礎的インフラの整備、金融システムの強化、税収確保、技能や技術的ノウハウの移転、そして環境に配慮した天然資源の活用等に貢献しています。

投資保険のご案内

多数国間投資保証機関(MIGA)は、世界銀行グループの一機関として、民間企業の発展途上国への投資推進を目指し、政治リスク保証を提供する機関として、1988年に設立されました。また2011年以降は、民間金融機関などの投資家による発展途上国政府向け融資の、債務不履行の保証(ギャランティ)も提供しています。2013年より、一部の国営企業にも債務不履行の保証をおこなっています。

投資家向けアンケート調査では、新興国投資にあたり投資家が最も懸念するリスクとして、政治リスクがあげられました。政治リスクとは、具体的には、配当や融資の返済金の兌換停止と送金制限、国有化・収用などで事業継続できなくなるような政策導入、戦争・内乱等による資産の破壊や事業の中断、政府の契約不履行などになります。MIGAではこれらのリスクを保証することで、投資を促進しています。

投資家が直面する政治リスクとそれに対する解決策

投資家が直面する政治リスクとそれに対する解決策

新興国でも開発を促進していく上で課題がいくつかあります。政府並びに地方政府の資金調達コストが高いこと。政府並びに地方政府の資金調達期間が短いこと。また国営企業の資金調達においても同じことが言えます。MIGAではこれらの問題に直面している新興国に対してクレジットエンハンスメントを提供することで民間金融機関による新興国政府に対する長期の資金提供を実現し、更に調達コストの低減に寄与しています。

クレジットエンハンスメント

クレジットエンハンスメント

過去約750件の保証引受のうち、約100件ほどで問題が発生しましたが、MIGAが世界銀行のネットワークなども活用しながら問題解決の仲介を行い、国有化事案の2件、戦争・内乱事案の4件の計6件以外は、すべて問題を解決しております。加えて、バーゼル委員会からは、高格付けの評価をいただいております。また保証額のうち、40%を超える部分を再保険にだすことで、強固な財務基盤を築いております。また社会的義務の保護の点では、世界銀行グループの基準と同じレベルの環境・社会基準を設定し、案件の審査時に、基準適合をチェックしています。

MIGAの実績

近年保証引受額は急増しており、2013年6月時点の保証残高は108億米ドルとなりました。特にサブサハラ地域の保証引受額は、この3年で約7倍に拡大し、2013年6月期は、全体の保証引受額に占める割合が54%に達しました。またセクター別では、電力が全体の36%を占め、またそれに続いて、石油ガス、金融、製造業といった幅広い業界に保証を提供しています。

またMIGAでは他の世界銀行グループの機関と協同を進めており、ケニアの火力発電所新設事業で、IDAの保証と組み合わせることで、電力引取契約に対する契約不履行のリスクをMIGAは引き受けています。またベトナムの案件では世界銀行グループのIFCが投融資している企業に対する民間金融機関からの融資に対して政治リスク保険を引き受けています。

新規保証発行額 FY2013

新規保証発行額 FY2013

セクター別比率 FY2013

セクター別比率 FY2013

申請プロセス

保険適用の可否については、お電話にてお問い合わせください。この際、Preliminary Application(PA)と呼ばれる申請書(投資国、投資金額、投資家、投資事業の概要を書いたもの)をご提出頂く事で、より詳細なご相談をさせて頂けます。PAを登録いただけると、引受担当官が決まり、保険適用の可否と保険料の概算をお伝えできます。

その後、投資が内定されましたら、Definitive Application(DA)と呼ばれる本申請書をご提出頂きます。DA提出時には申請料も振込頂きます。なお申請料は、保険契約締結後の第1回目の保険料の支払額と相殺されます。DA申請後、本部にて当該案件の環境社会管理官、法務担当官などが決定され、必要な書類(当該国での事業許可書、事業計画書など)のご提出を頂きながら、質疑応答が行われます。その後、本部での審査を経て理事会あるいは役員会での決済を得て、保険引受契約締結となります。

DA申請から保険契約締結にかかる時間は、おおむね2〜3ヶ月から、環境負荷の高い案件の場合は半年ほどになります。通常投資案件では当該国での申請や事業準備に時間がかかりますので、並行して政治リスク保険の申請及び審査をすすめてください。なお申請に関しましては、お気軽に東京事務所にお問い合わせください。

参考資料

 

 

お問合せ

MIGA東京事務所
東京都千代田区内幸町2-2-2
富国生命ビル10階
TEL:03-3597-6633

 





Welcome