連絡先
ワシントンD.C.

Jim Kim
jim@worldbank.org

ニューヨーク

Jhon Steve
jhon@worldbank.org

ソーシャルメディア
このページの言語:

歴代総裁

1946年から2012年の間に、世界銀行は5つの機関からなる世界銀行グループとなりました。この間、以下の11名が世界銀行グループ総裁をつとめています。

  • ロバート・B・ゼーリック

    ロバート・B・ゼーリック

    2007年7月 - 2012年6月

    増資および近代化を進め、危機への対応力を強化。説明責任、柔軟性、迅速性、透明性を高めるとともに、ガバナンス向上と汚職防止に注力。

  • ポール・ウォルフォウィッツ

    ポール・ウォルフォウィッツ

    2005年6月 - 2007年6月

    良い統治(グッド・ガバナンス)を推進する銀行家 として知られ、世界各国での幅広い協議を経て賛否両論のあったガバナンス・汚職防止戦略を推進。アフリカ地域を世界銀行の貧困削減課題の中心に据えた。

  • ジェームズ・D・ウォルフェンソン

    ジェームズ・D・ウォルフェンソン

    1995年6月 - 2005年5月

    「ルネサンス・バンカー 」として知られる。改革を推進し、世界銀行の取り組みをより多くの人々のために広げ、貧困削減を重視。

  • ルイス・トンプソン・プレストン

    ルイス・トンプソン・プレストン

    1991年9月 - 1995年5月

    著名な商業バンカー。世界銀行の創立50周年を機に顧客重視の考え方を取り入れた。

  • バーバー・コナブル

    バーバー・コナブル

    1986年7月 - 1991年8月

    世界銀行の環境意識向上に貢献。「(略)世界銀行の効果的なスポークスマンとなったうえ、周囲を説得し組織改革を進めた。」(『使命を持つ銀行家~世界銀行の総裁達(1946~1991年)』、J・クラスケ、1996年より引用)

  • アルデン・ウィンシップ・クローセン

    アルデン・ウィンシップ・クローセン

    1981年7月 - 1986年6月

    世界銀行の財務管理を向上。景気後退や1980年の債務問題などの困難な課題に取り組んだ。

  • ロバート・S・マクナマラ

    ロバート・S・マクナマラ

    1968年4月 - 1981年6月

    社会的観点から拡大路線を取った。「(略)世界銀行と開発のために、不屈の信念で影響力を打ち立て行使した。」(『使命を持つ銀行家~世界銀行の総裁達(1946~1991年)』、J・クラスケ、1996年より引用)

  • ジョージ・デビッド・ウッズ

    ジョージ・デビッド・ウッズ

    1963年1月 - 1968年3月

    「(略)壮大な構想と数々の大胆な革新で定評がある」(『世界銀行~50年間の歩み 』、ブルッキングス研究所、1997年より引用)

  • ユージン・ブラック

    ユージン・ブラック

    1949年7月 - 1962年12月

    世界銀行の財務的基礎を確立し、金融外交の時代を切り開いた。評価の高い議長であり人気のある経営者であった。

  • ジョン・ジェイ・マクロイ

    ジョン・ジェイ・マクロイ

    1947年3月 - 1949年6月

    世界銀行の業務を立ち上げ、その視野を復興から開発へと拡大。

  • ユージン・マイヤー

    ユージン・マイヤー

    1946年6月 - 1946年12月

    長く受け継がれる世界銀行事業政策の基礎固めを実施。